インターンシップ

社員紹介

広報・営業アシスタント職
2014年中途入社
森川 麻子

お客様に与えるANSの第一印象を創る。 新規のお客様対応、サイトや営業ツールの制作など、営業・広報全般を受け持ち、
「ANS」を社内外に発信する。その仕事は多岐にわたります。
領域としては、エンジニアの仕事(新規案件)を0から生み出すところから、実際に
システム開発が始まるまで。また、その中でエンジニアが円滑に業務にあたれるよう
サポートすることも大切な役割ですね。

基本的にはホームページや広告を見た企業様からお問い合わせをいただき、アポイントを取って訪問、要件をうかがい、ご提案を差し上げます。
単純にスケジュール調整や社長に同行する(ANSでは社長自ら営業します!)だけでなく、受注するまではエンジニアではなく私が対応するんです。提案資料の準備や、お客様からの質問にお答えする等、“システムの知識”と“ご提案できること”を私がしっかりお客様に伝えなくてはなりません。 お客様の信頼を得られなければ、大事なシステムを任せてはもらえませんから。

お客さまの不安を解消し、「ANSにお願いしたい」と思ってもらえるような対応を心掛けています。エンジニアから技術に関する知識もたくさん学び取らなくてはならないので、最初は分からないことだらけでとても苦労しました。今でもまだ四苦八苦しています(笑)。エンジニアのところまで新規案件を持っていかなければ、そもそも新たな売上を生み出せないわけですから、とても責任ある仕事です。

どの仕事においても、お客様(またはエンジニア社員)とのやり取りが必須です。そのため、調整力と臨機応変に対応できる能力が求められますね。 “相手”があることなので、同じ業務でも毎回同じシチュエーションになることはありません。そこが難しいなと感じることもありますが、 大切にしているのは、一歩先の気配り・目配り。「お客様に与えるANSの第一印象は私が創る!」という気持ちで仕事に取り組んでいます。

インタビュー

ANSに入社を決めた理由は?

最優先していることが、自社の売り上げや利益ではなく、社会貢献とお客様であったことですね。もちろん売上も大切です。 利益がなければ会社は存続できないし、お給料はもらえませんからね。転職活動をしていて、どの会社の面接でも売上に対する話を聞きましたが、その中でANSだけは、会社はお客様、社員、その家族の為にあると話してくれました。とても温かみを感じたのを覚えています。

入社前の働くイメージと今の自分にギャップはある?

正直入社するまで、全くどんな仕事か、自分がどんな風に働くのか想像できていませんでした。 入社して思ったのは、自分が一人でできる仕事が少ないこと。もっと一人で作業をするものかと思っていたのですが、営業も広報活動 も、エンジニアとの連携が必須なんです。

ANSってどんな会社?

お客様に、そして自分たちが作るシステムに、真摯に向き合う会社です。

ANSにはどんな人がいる?

仕事に対してまじめな人がたくさんいます!

どんな人と働きたい?

元気な人がいいですね。前向きな姿勢の人は、見ていてこちらまで元気をもらえます!

一日の流れ

AM9:00 出社・メールチェック 朝礼で作業予定を報告した後、メールチェックをして、
効率よく動けるよう一日の予定を組み立てます。
AM10:00 ミーティング 現状のマーケティング効果を分析しながら広報戦略を練ります。
AM12:00 昼食 いつもお弁当を作ってきているので、お弁当仲間と一緒に食べています!
PM13:00 資料準備 このあと訪問するお客様用の資料を準備。
打ち合わせの議事録をとる用意も万全にして行きます。
PM15:00 営業同行 社長に同行してお客様先へ。良い提案するためにはしっかりと
ヒアリングすることが大事です。
PM18:30 退社 帰社後、議事録をまとめたり必要な資料を作成してお客様に送付。
最後に、仕事に漏れがないか確認して帰宅します。
社員イメージ
≪ システムエンジニア職/金子 雄輔 | 一覧 | ≪ システムエンジニア職/佐藤 祐哉
募集要項・ご応募はこちらから
  • 新卒採用
  • 中途採用
  • エントリー

PAGE TOP

  • IT-Trust
  • グローバルラボ
  • オリジナルクラウド
  • 保守代行サービス
  • 勤怠ドライバー
  • 豪商
  • 勤怠グリッパ―
  • Free!Export
  • 経営者通信
  • CIESF
  • 公益資本主義推進協議会