インターンシップ

社員紹介

システムエンジニア職
2010年新卒入社
金子 雄輔

「できるかできないか」ではなく
「やるかやらないか」
システムエンジニアですから、基本は社内で開発を行っています。でも最近は、お客様と
打ち合わせをしたり、お客様に提案する資料を作成することが多くなってきましたね。
現在担当しているプロジェクトでは、プロジェクト全体を統括するプロジェクト
マネージャーを任されています。お客様との打ち合わせからシステムの設計、開発に
必要な技術の調査、開発の指揮まで、多彩な業務を担うポジションです。

ANSはオーダーメイドの開発がほとんどで、お客様の業務を理解し、お客様の「困った」をどう解決するか、そのアイディアを生み出すことが大変です。まずはお客様の要望をヒアリングして紙面上で設計をしていくのですが、それをシステムとして完成させていく工程はとても楽しいですね。私はプログラミングが大好きなので(笑)。そして自分が作ったシステムを利用してお客様が喜んでくれた時が、最も嬉しい瞬間です。

私が仕事で大切にしていることは、お客様の立場になって考えること。これを一番に心がけていますが、言うは易し、行うは難しです。つい自分の思い込みで「これが一番いいはず」と考えてしまうこともあるのですが、決して自分目線になってしまわないよう、お客様の会社の一員になったつもりで考えるように意識しています。「できるかできないか」ではなく「やるかやらないか」!難しいこともまずはトライしてみて、お客様が本当に望むシステムをご提案していきたいですね。

プロジェクトマネージャーは、開発の指揮のほかに、チームをマネジメントする役割もあります。メンバーのモチベーションを下げないためのコミュニケーションが、実は難しいんですよね。ですがプロジェクトを成功に導くためにはメンバーの士気を維持することが大切です。中には1年の期間を要する大きなプロジェクトもありますから。その為には、「気付く」ことが一番重要だと思うんですよね。メンバーが連日遅くまで残っていないかとか、表情だとかをよく見るようにして、ちょっとした変化があればすぐに気付いてあげたい。そしてそのメンバーとじっくり話すようにしています。

データで見るANS

ANSに入社を決めた理由は?

会社説明会や面接で、人を大事にする会社だな感じました。IT業界において研修制度が充実しているのは、人材を大事にしているからだと思います。

入社前の働くイメージと今の自分にギャップはある?

実力と機会があれば、若手でも重要なポジションを任せてもらえます。いつかは重要なポジションで仕事をしたいと思っていましたが、入社3年目で早くもプロジェクトマネージャーを任されるとは、入社前には全く想像していませんでした!

ANSってどんな会社?

一にも二にもお客様のことを考えている会社です。会社に根付く「先義後利」の精神で、自社の利益よりもまずはお客様に義を尽くすことを優先する会社ですね。

ANSにはどんな人がいる?

お客様の心臓部ともいえるシステムを開発している会社だけあって、基本的にはみんなまじめです!でも面白い先輩・後輩もいっぱいいますよ!

どんな人と働きたい?

やっぱりANSの理念に共感できる人と一緒に働きたいですね。仕事ではいろいろな考え方、見方、意見が必要ですが、根っこの部分に同じものを持っていないと組織として大きな成果は出せません。その軸となるのが会社の理念だと思うので、そこに共感してくれた人にぜひ入社してきてほしいと思います!

一日の流れ

AM9:00 出社・朝礼 朝礼でメンバーの作業予定・進捗状況を確認します。
AM10:00 開発 難しい開発は、頭が冴えている午前中に!
AM12:00 昼食 私はお弁当派!いつもデスクで愛妻弁当を食べています。
PM13:00 お客様先訪問 ただ要望を聞き出すだけでなく、お客様の業務をしっかり理解することが大事です。
お客様目線を忘れずに!
PM16:00 帰社・資料作成 お客様との打ち合わせ内容を資料にまとめてから、
システムの設計書を作成します。
PM20:00 退社 資料が完成したら午前中の開発作業を進めます。
区切りのいい所まで作業をして、帰宅します。
社員イメージ
≪ システムエンジニア職/松倉 理絵 | 一覧 | 広報・営業アシスタント職/森川 麻子 ≫
募集要項・ご応募はこちらから
  • 新卒採用
  • 中途採用
  • エントリー

PAGE TOP

  • IT-Trust
  • グローバルラボ
  • オリジナルクラウド
  • 保守代行サービス
  • 勤怠ドライバー
  • 豪商
  • 勤怠グリッパ―
  • Free!Export
  • 経営者通信
  • CIESF
  • 公益資本主義推進協議会